のぞいて小田原0465.net

0465.netは小田原市内の300を超えるお店が参加しています。
外からはわからないお店の中も気軽にのぞいて見ることができます。

LANGUAGE

小田原市扇町の自転車店 修理等も大歓迎ですのでお気軽に。

コスナサイクル

神奈川県小田原市扇町にある自転車店コスナサイクルです。 コスナでは、自転車の性質上対面販売とさせて頂いております。 当店では、1台1台入念にお客様のお身体に合わせて組立調整を行い、 ご来店納車時にお取扱いの説明をお時間を掛けて致しております。 更に、数々の専門免許を取得。「スポーツBAA  PLUS」認定を始め 自転車技士・自転車安全整備士・自転車組立整備士も取得済です。 小径ミニベロ 折り畳み自転車 クロスバイク ロードバイク 電動アシスト自転車 キッズバイク等店長セレクトの各モデルごとに おすすめブランドを取扱いしています。 一般自転車はもちろん、他店お買上車で修理等でお困りの方など お気軽にご来店下さい。 コスナはあなたの街のサイクル・ドクターでもあります。

コスナサイクルコスナのこだわり自転車組立整備

2012年11月17日 18:51

自転車の完成車はカタログに掲載させている
完成した状態で各お店に届くと思っていませんか。

実際は、七分組と言う状態の箱で届くのがほとんどです。

ですので、

同じモデルでも各お店の最終組み立て整備状態により

かなりの差が出てしまうのです。


コスナサイクルでは、

その自転車のもっている性能を100%出すためにも

「コスナこだわり組立整備」に基づき

1台1台時間をかけて

丁寧に組立調整作業を行っています。



メンテナンス・ルームであなたの愛車を
店長が1台1台入念に組み立て調整します。

専門工具はいつも作業しやすいように
整理整頓しています。

プロメカニック愛用のワコーズケミカル商品を
使用して組立調整しています。

 
メーカーからこのような箱の状態で届きます。

梱包を開けるとこのように
七分組と言われる状態で入っています

専用の作業台にセットして
組立していきます。

車輪を前後外し先ずはホイールチェックを

ハブ軸はできるだけ滑らかに回転
するように再調整します。


車輪はタイヤを一旦タイヤチューブを外し
専門工具を使用して再調整します。
車輪振れ取り台・センターゲージ・
スポークテンションゲージ

センターゲージを使用して車輪の
左右センタークリアランスをチェック

先程のセンターチェックで左右バランスと
ホイール振れをベストバランスまで再調整
します。 工場出荷の状態より更に精度を
上げます。

スポーク(棒のような物)1本1本で
バランスを取っていますので
それぞれなじみを出すために
手で握っていきます。

10

1本1本のスポークをテンションゲージを
使用してバランスを確認しながら
できるだけ均等になるように調整します。

11

後ギアを言われるスプロケットを
専門工具を使用して締め付け確認
以外と工場出荷の状態では緩い
時があるんですよ。

12

センターゲージを使用して
再調整したバランスを最終確認

13

先程外したタイヤ・チューブを再度
取付します。

14

タイヤ取付時のポイントは
タイヤのネーミングがバルブの
位置付近でバランスよく読めるように
するのが小さなこだわりです。

15

各タイヤの指定空気圧に入れて
ホイール調整は完了。

16

ハブ軸のシャフト部分にはグリスを塗布し
サビ防止とスムーズな回転を

17

リアディレイラ―と言われる後変速機も
ネジの締め再確認を

18

ボトルケージ用ネジ部
(飲み物を入れる時に使用する部分)
もグリスを塗布してサビ防止と
締め付けトルクを一定にします。

19

ヘッド部分は一度緩めてバラして
グリスを塗布します。
工場出荷時は、グリスがほとんど
入っていなか、少ししか塗布されて
いません。

20

ヘッド部分は上下ともグリスガンを
使用してグリスを塗布します。

21

ハンドルステムの
ハンドルを取り付ける部分のネジ
にもグリスを塗布して各ネジの
締め付けトルクを一定にします。

22

 ハンドルステム取付ネジ部も
グリスガンでグリス塗布して
ネジの締めつけトルクを一定に

23

前ブレーキ本体を取り付け

24

変速調整用のネジ部にも
グリス塗布します。

25

ペダル取付ネジぶにもグリスを塗布
してサビ防止と締め付けトルクを一定に

26

専用のペダルレンチを使用して
ペダルを左右取り付けます。

27

フロントギア部の取り付けネジ部の
締め付けの再確認を

28

ハンドルレバーも締め付け再確認を

29

ハンドルバーの取り付けネジ部は
対角線で順番にネジを締め付けします。

30

ワイヤ―のアウター部分には潤滑剤を
注入してワイヤーの動きを
より滑らかにします。

31

ワイヤー割入りアウター受け部分には
水の浸入を防ぐようにグリスを塗布

32

ブレーキシュー取り付け部は
リム面に対してベストセッティングに
なるように調整します。

33

フロントディレイラ―(前変速機)部の
ワイヤー調整と角度調整をします。

34

リアディレイラ―(後変速機)の
ワイヤー調整と変速調整をします。

35

変速調整はシビヤですので
調整するときは音と感覚で
調整をしていきます。

36

 フロント変速機も同様に
後ギアとの変速位置と
同時に調整しながら
ベストセッティングをしていきます。

37

シートクランプ部のグリス塗布して
締め付けます。

38

サドルも水平位置を確認しながら
調整します。

39

最後は、店長がテスト走行を行い
組立作業が完了します。
ですので、コスナの完成車はすべて
タイヤが少し汚れています。

それが
「コスナのこだわり整備」の証です。