中華料理

2013年10月01日 16:08

とりのから揚げ 甘酢ソースがけ

とりのから揚げ甘酢ソースがけ (油淋鶏)

レシピ/制作 鈴木 一弘 (小田原宮小路・中国料理 森羅

中華の古典とも言われる料理ですが、さっぱりとしながら、ボリュームも満点。しかも時間いらずの料理です。キャ ベツはレタスやきゅうり、トマトに代えてサラダ感覚で作ってもいいですね。一押しの中華メニューです。ぜひお試しください。

材料(2人前)

キャベツ100g
鶏のもも肉200g

混合調味料の用意(下記の材料全部混ぜ合わせます)
しょうゆ大さじ1杯
大さじ1杯
砂糖大さじ1と1/2
長ネギ大さじ2杯
しょうが(おろし)1/2かけ
ま油大さじ1杯

(下ごしらえ)

キャベツ
細切りにします。長いままでは食べにくいので、刻んだキャベツを半分にカットします。これを深い皿に盛り付けておきます。
鶏のもも肉
鶏肉を開きます。肉の厚さが均一になるように、包丁を入れて開きます。開いたら、その上を包丁の刃を使って軽く十文字にたたきます。

作り方

1 鶏肉に下味をつけます。塩、こしょう、しょうゆを鶏肉に軽くつけます。むらなくつけておきます。
2 鶏肉を揚げます。フライパンにサラダ油をはり、火にかけます。160度に加熱します。ここで鶏肉を入れて、火を弱火にして油の温度を少しずつ上げていきます。こうすると、カラッと揚がります。
3 ときどきひっくり返して、まんべんなく火を通します。

4 皮の部分はパリッとさせるために、たえず油をかけてやります。このとき油がはねるので、ていねいにかけます。揚げ時間はおよそ3分間です。
5 きれいなきつね色に揚がったら、油を切り、包丁で食べやすいようにカットします。およそ2cm幅に切り分けますが、肉が熱いのでキッチンペーパーで押さえてきってください。

6 キャベツの上に鶏肉を盛り付けます。カットしたら、皮を上にしておきます。
7 鶏肉が熱いうちに、混合調味料を上からまんべんなくかけます。熱いうちにかけると、鶏肉に良くしみ込みますので、冷めてからかけないようにします。また、あとで食べる場合には、キャベツを除いて、熱いうちにたれをかけておき、食べる直前にキャベツを盛り付けます。

管理者

ブログ説明

カレンダー

総記事数: 38

2020 年 05 月
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

タグ

    not enough data

バナー

広告

広告

本サイトの閲覧については、ブラウザの最新バージョンのご使用を推奨致します。

Copyright©Commerce and store confederation of Odawara, NISHINADAVID Co.,Ltd 2000- All rights reserved.