イタリアン

2014年01月15日 09:00

ペンネ・アラビアータ


レシピ/制作 高橋 琢実 (現「ダルマサラ」オーナー)

とうがらしがピリッときいて、食欲もグンとアップ!普通はとうがらしをそのまま使いますが、もっと辛さを味わいたい時はとうがらしを割って種ごと入れます。
食べた途端に顔が真っ赤になってまるで怒ったようになることからアラビアータ(怒った、かっかした)の名があるようです。

材料

●ペンネ
ペンネ 100g
1リットル
10g
(水量の約1~3パーセント)
●トマトソース
オリーブオイル 適量
にんにく
(みじん切り)
1片
とうがらし 1本
裏ごしトマト
(トマトホール缶詰め)
70cc
適量
バジル(刻み) 1/3パック

作り方

1 ペンネを作ります。沸騰した湯に塩を入れ、ペンネをばらばらにふり入れます。ペンネはくっつきやすいので、時々かき混ぜながら13分程度ゆでます。一般にショートパスタはロングパスタよりも表面積が大きいので、くっつきやすくなっていますので注意してください。
2 芯を残さずにゆで上げます。ペンネはゆで上げの状態からでもくっつきやすいので、すぐに調理に取りかかります。このときトマトソースは出来上がっていなければなりません。
3 トマトソースを作ります。フライパンにオリーブオイルを多めに敷きます。
4 これにとうがらしを入れ、弱火で香りを煮出します。
5 とうがらしに火を通したら、にんにくを加え、色がつくまでよく炒めます。香りを十分に出します。オリーブオイルにみじん切りにしたにんにくを漬け込んでおくと、香りの良いオイルが出来ます。作業性があがり、保存も効きます。

6 裏ごしのトマト、塩を少々加えて、しばらく煮詰めます。トマトとオイルが分離する状態になるまでが目安です。ここで味をみます。塩気が足りなければここで加えます。

7 出来上がりのタイミングに合わせて、ここでペンネを加えます。同時にバジルを加えます。一度火を入れて、フライパンを振りながらまんべんなく全体を合わせます。
8 皿に盛り付けて、上面にパルミジャーノを振り掛けます。なければ粉チーズで代用します。

管理者

ブログ説明

カレンダー

総記事数: 38

2020 年 05 月
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

タグ

    not enough data

バナー

広告

広告

本サイトの閲覧については、ブラウザの最新バージョンのご使用を推奨致します。

Copyright©Commerce and store confederation of Odawara, NISHINADAVID Co.,Ltd 2000- All rights reserved.